スポーツアルバムを通じて….ありがとう!

アメリカ・メジャーリーグではワールドシリーズがもうあと少しで始まります。

 

ヤクルトスワローズからロイヤルズに移籍した青木選手の活躍はニュースなどでご存知の方も多くいると思います。

 

青木選手が所属しているロイヤルズは無傷の8連勝でプレーオフを勝ち進みワールドシリーズ進出を決めています!

 

本当に凄い勢いです!

 

ちなみにロイヤルズには

マック鈴木

薮田安彦

野茂英雄

各投手が短期間ですが在籍していたので日本人プレイヤーは好意的に捉えているチームなのかなと思います。

 

日本のプロ野球もCSがセ・パ両リーグで行われているところで、今が一番盛り上がっているのではないでしょうか。

 

注目の日本シリーズは25日(土)から行われる予定です。

 

 

海外のプレーオフやワールドシリーズに関してのニュースは松井選手、イチロー選手などが活躍したお陰で少しは慣れたのかなと思われる日本ではありますが。

 

 

今年もテニスの錦織選手が日本人初の4大大会決勝進出を果たし、野球以外のスポーツでも世界レベルで注目される日本人選手の活躍が楽しみですね。

 

 

私は野球の経験者で他のスポーツにはもともと興味が薄かったのですが、スポーツアルバムを通じて様々な競技の保護者や選手との繋がりをもつことができました。

 

 

お陰で野球の世界しか知らなかった私ですが、他の競技の内情もたくさん知ることができたことは本当によかったと思っています。

 

 

つい先日も当時中学生の頃に野球を教えていた少年から久しぶりに連絡が来ました。

 

 

何かあっとのか?と聞いたところ、進路についての相談でした。

 

 その子は来年で高校を卒業します。

 

入学する大学は既に決まっているのですが、部活動で硬式野球部に入部するか、準硬式野球部に入部をするのか迷っていました。

 

 

続けるなら硬式野球部!!

という気持ちは高校生ながらも選手ならほとんどの子どもが考えていると思います。

 

私もそうでしたし、現役の大学生や高校生に聞いてもそういう意志をもっている子どもは実際に多いです。

 

 

ただ、勉強との兼ね合いや野球の技術レベルなどいろいろな事を考えた上で迷っていました。

 

中でも一番の悩みは肘を手術しなくてはいけないのが何よりもその子が悩んでいる点でした。

 

 

私は自身の硬式野球部での経験や、スポーツアルバムを通じて知っている硬式野球部、準硬式野球部の現状を伝えました。

 

そして、どちらも素晴らしい大学生活を送ることができるということを伝えました。

 

本人が知らなかった事もたくさんあったと思うので参考になる事は伝えることができたと思います。

 

 

相談をしてくれたことに嬉しい思いが込み上げてくるのと同時に、スポーツアルバムで出逢えた方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

しかし、中学生だった子があっと言う間に高校卒業です。

スマホごしから聞こえてくる声が随分と立派になっていました。

 

大学での更なる成長が楽しみになりました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

2014年10月18日

カテゴリー

過去の記事

●写真を選んで自分でデザインするのが不安
●忙しくてアルバムを作る時間がない
●せっかく撮影した写真が眠ったまま
●部活動の卒団記念に立派なものを残してあげたい
●卒団記念品に何をあげようか迷っている

卒団記念品を作りたいが上記のような悩みを抱える保護者様は、 ぜひSPOBOOKをご利用ください。 写真や素材をご準備いただければ、プロの制作スタッフがお客様に 代わり制作させて頂きます。

お試し印刷割引 ギャラリー公開割引