高校サッカー時代の苦い思い出

 

 

目下、高校サッカーの冬の全国大会が例年に漏れず、盛り上がりを見せています。

高校サッカー冬の選手権大会と言えばトーナメント方式であるため、

引き分けはなく、同点の場合PK合戦による勝敗を決めます。

 

 

PK合戦は先攻後攻に分かれ、

ペナルティーエリア内からキーパーが1人立つゴールに5人ずつ順に蹴り、

ゴールを多く奪った方が勝利します。5人蹴るまでに勝敗が決しない場合は、

サドンデス方式により両チーム1人ずつ、どちらかが、決めてどちらかがはずすまで続けていきます。

キーパーは通常一本でも止めれば、ヒーロー扱いとなりますが、

キッカーは決めて当然というプレッシャーのなかで蹴ることになります。

これがとてつもないプレッシャーとなります。

 

 

 

観戦する側にとっては緊張感がたまらないのだが、実際にPKを蹴る選手たちにのしかかる重圧は半端なものではないでしょう。

 

 

 

高校三年間のサッカーに費やしてきた生活、チームメイトの思い、試合に出れない選手の思い、

応援に駆けつける一般生徒、保護者、先生方、OB、

ファンなどの思いが全て自分の1回のキックに乗しかかってきます。

全国大会の舞台ともなれば、そのプレッシャーは計り知れません。

 

 

今年度も今のところ、44試合中10試合がPK戦合戦にて勝敗を決定しています。

その度に悔し涙を流すものと喜びを爆発させるものがいます。勝負の世界です。

 

 

実は私もPKには苦い経験があります。

冬の選手権大会の大阪府予選。私は主将として、試合中のペナルティキックを任され、

見事に外してしまったのです。

その後奪われた得点により、相手が勢い好き、試合に負けてしまいました。未だに苦い思い出です。

 

しかし、PK蹴って残念ながらはずしてしまった選手には、

ぜひ自分を責めずに胸をはって欲しいと思います。

PKばかりは運によるところが大きいです。

自分以外の選手が蹴ってはずしていた可能性だってあります。

あの元イタリア代表のロベルト・バッジオですらPK戦をはずすことがあるのです。

 

 

 

そんな高校サッカーは

1月11日(土)に準決勝 四日市中央高対日章学園、星稜高校対京都橘の試合が行われ、

13日(月・祝)に決勝が行われます。

 

4校のうちどこが優勝するのか目が話せません。

 

 

 

2014年01月08日

カテゴリー

過去の記事

●写真を選んで自分でデザインするのが不安
●忙しくてアルバムを作る時間がない
●せっかく撮影した写真が眠ったまま
●部活動の卒団記念に立派なものを残してあげたい
●卒団記念品に何をあげようか迷っている

卒団記念品を作りたいが上記のような悩みを抱える保護者様は、 ぜひSPOBOOKをご利用ください。 写真や素材をご準備いただければ、プロの制作スタッフがお客様に 代わり制作させて頂きます。

お試し印刷割引 ギャラリー公開割引