川崎フロンターレ悲願のJ1優勝 中村憲剛が伝えてくれた本当の価値

J1で悲願のリーグ優勝した川崎フロンターレ

川崎フロンターレといえば「中村憲剛 選手」

 

優勝決めたあとのヒーローインタビュー

・シ・ビ・レ・ま・し・た・

 

スタジアム中に鳴り響く歓声

ほんの数秒間でしたが、その歓声を心に刻んでいたようでした

鳴り止んだ歓声

第一声は「この光景をずっと待っていたんです」

 

本当にずっとこの瞬間をイメージしていたと伝わってきました。

優勝するということに相当な想いがあったこと。

 

理想の光景を手に入れた瞬間

どんな気持ちだったのでしょうか?

 

本当に成し遂げたときの達成感は言葉では言い表せないものだと思います。

 

優勝の重みはそれぞれの選手、ファンによっても違うものです。

中村選手はもうすでに37歳

 

「引退」という2文字も必然と考えることが多くなり年齢となります。

 

歴代最年長の36歳でJリーグ年間最優秀選手賞の獲得

今回のリーグ優勝

 

プロスポーツの世界で、選手としてはピークを過ぎてから活躍、タイトル奪取する姿は同世代にとっては大きな勇気をプレゼントしてもらえた気がします。

 

いつ身を引くのか?!

タイミングは難しいところ

潔くないと言われるかも知れないが、もう少し、あと少し踏ん張ってみよう!

そう思った人は多いのではないでしょうか?

 

中村選手、実は”松坂世代”

高校時代から松坂投手の活躍は刺激になっていたようです。

 

はやくも高校時代から名を馳せ活躍してきた松坂投手

晩年期にやっと活躍できた中村選手

 

結果””の大きさや人の関心度、タイミングで同じ”結果”でも人それぞれ違います

ただ単純に自分の”理想”をイメージして、追い求めることは大事な要素だと気づかせてくれました。

 

高校時代のように輝くことはできないかも知れませんが松坂選手の復活した勇姿もまた見てみたいものです。

 

今後、更なる活躍をしてくれる中村選手の勇姿も期待しています。

 

2017年12月04日

カテゴリー

過去の記事

●写真を選んで自分でデザインするのが不安
●忙しくてアルバムを作る時間がない
●せっかく撮影した写真が眠ったまま
●部活動の卒団記念に立派なものを残してあげたい
●卒団記念品に何をあげようか迷っている

卒団記念品を作りたいが上記のような悩みを抱える保護者様は、 ぜひSPOBOOKをご利用ください。 写真や素材をご準備いただければ、プロの制作スタッフがお客様に 代わり制作させて頂きます。

お試し印刷割引 ギャラリー公開割引