中学サッカークラブ時代 〜チームメイトとの思い出〜

 

 

先日は中学校の頃に所属したサッカークラブの同期の集まりがありました。

 

 

 

小学校4年生よりサッカーを始めて以来、

 

どんどんサッカーにのめり込んでいった私は、

 

中学生のときも当然のようにサッカーチームに入りました。

 

 

 

 

中学生の頃は学校外のクラブチームに入っていて、

 

放課後はほとんど、このサッカークラブのチームメイトと

 

過ごすようになっていました。

 

 

 

 

今でも頻繁に連絡を取り合う親友もこのサッカークラブでできました。

 

 

 

私の入っていたクラブチームは大阪の中でも遠方から来る選手や

 

京都からも通っている選手もいて、個性的なメンバーが揃っていたのではないでしょうか。

 

油断しているとすぐに笑いのネタにされてしまう強者が多かったです。(笑)

 

 

 

このチームのメンバーと過ごしている時間はとても楽しかった記憶があります。

 

サッカーの練習や試合が終わってからの帰りの時間がとても好きでした。

 

いつもつまらない冗談を飛ばしあって、笑いこけていたのを思い出します。

 

練習場までは電車組と自転車組がいましたが、私は自転車組です。

 

いつも何かの話題で笑っていたと思います。

 

 

そんなチームのメンバーで集まるのは10年ぶりでしょうか。。

 

再開後すぐに当時の話に花がさき、

 

昔は言えなかったことも、この年(31歳)になると、なんの遠慮もなく言えます。

 

 

 

みんな当時は楽しくやりながらも、それぞれサッカーに真剣で、レギュラー争いも熾烈でした。

 

全国大会にも出場しました!が、予選リーグで敗退し、

 

その時キーパーのH君は自分が優秀選手に選ばれないことを一番悔しがっていた話などは知りませんでした。笑

 

 

 

 

残念なのはこのメンバーでの思い出がカタチとして残っていないこと。

 

試合結果もそうですし、写真も小学校や高校に比べても

 

極端に少なく、全然残っていないのです。母や父も中学生の頃は

 

ほとんど試合などを観に来ることはありませんでした(笑)

 

 

 

で、やっぱり何も残っていないと、記憶が風化してしまうというか

 

話の中で思い出すことがたくさんありました。歳をとっていくとどんどん曖昧になってくるのかもしれません。

 

 

 

本音を言うと、やっぱりアルバムや写真が欲しかったです。

 

当時は自分で写真を残したいとか、アルバムを作りたいなんてことは思いつきもしないもので。

 

だからお客様が子どものためにアルバムを残そうと検討されているのは

 

嬉しくもあり、羨ましくもあります。(笑)

 

 

 

もっとたくさんのサッカー少年はもちろん、どんなスポーツをする子どもたちであっても

 

スポーツの思い出が残るようになって欲しい。

 

 

私たちにできることをすることで、将来スポーツの思い出を振り替えれる大人を増やすこと。

 

私たちの目標であり、やり甲斐です!

 

 

 

2013年09月30日

カテゴリー

過去の記事

●写真を選んで自分でデザインするのが不安
●忙しくてアルバムを作る時間がない
●せっかく撮影した写真が眠ったまま
●部活動の卒団記念に立派なものを残してあげたい
●卒団記念品に何をあげようか迷っている

卒団記念品を作りたいが上記のような悩みを抱える保護者様は、 ぜひSPOBOOKをご利用ください。 写真や素材をご準備いただければ、プロの制作スタッフがお客様に 代わり制作させて頂きます。

お試し印刷割引 ギャラリー公開割引