部活してた頃を思い出す時に使う方法

時は流れるのは速いもので、先月33歳になりました。

会社の仲間から頂いたプレゼントは腰ベルトでした(笑。情けない。

 

中学卒業が15歳、高校卒業が18歳位ですから、それから倍の人生を歩んできているんですね。

たくさんの時間を歩んでいる事自体にも色々考えさせられることがあるんですが…

 

中学サッカーをやっていた時の18年前の記憶

高校アメフトやっていた時の15年前の記憶

 

その記憶は自分の人生において、凄く大切なもの。

いつでも出し入れできるようにしておこう。そう考えて作った商品がスポーツアルバムです。

アルバムを見てキツかった練習、仲間の事、お世話になった人、学生時代のたくさんを

思い出すわけですが…僕にはスポーツアルバムがありません。

 

高校の卒部の時に貰ったのはトロフィーに名前が入ったものでした。

トロフィーは優勝してもらいたかった(笑

中学時代は記念品はなく…写真が断片的にしか残っていません。

そう考えると写真を整理してアルバムに残しておく事はかなり大切な事!だと思います。

 

でもアルバムがない私が当時の事を思い出す時に使っている方法があります。

その方法は…”部活系のマンガを見ること”です。

やっぱり日本のマンガは凄いですよ。例えばスラムダンクとかやっぱり凄いですよね。

 

 

日本一の決定戦に行けるチームは稀ですが、部員の描写が凄く繊細に描かれています。

この繊細さをみると、当時の一生懸命が紐づけられて蘇ってきます。

例えばこんな方法もありますが、より鮮明に思い出すならスポーツアルバムのSPOBOOKですよ!

 

 

2016年09月13日

カテゴリー

過去の記事

●写真を選んで自分でデザインするのが不安
●忙しくてアルバムを作る時間がない
●せっかく撮影した写真が眠ったまま
●部活動の卒団記念に立派なものを残してあげたい
●卒団記念品に何をあげようか迷っている

卒団記念品を作りたいが上記のような悩みを抱える保護者様は、 ぜひSPOBOOKをご利用ください。 写真や素材をご準備いただければ、プロの制作スタッフがお客様に 代わり制作させて頂きます。

お試し印刷割引 ギャラリー公開割引