ドラフト候補の戦士たち。

日本のプロ野球はレギュラーシーズンを終え、ポストシーズンに突入しています。セリーグは、広島の圧勝で日本シリーズ進出を決め、パリーグはレギュラーシーズン1位の西武を2位のソフトバンクが下して下克上で日本シリーズ進出を決めました。いよいよ今シーズンも終わるなぁという時期になりました。

シーズン終盤の目玉は大型移籍や引退などもありますが、やはり一番の関心事はドラフト会議ではないでしょうか。

今年のドラフト会議は、10月25日に行われます。

毎年、野球ファンなら誰しもが甲子園を賑わせた選手や、即戦力と期待のかかる選手が自分が応援するチームに入ってくれないかと躍起になっているのでしょうか。

今年の甲子園を賑わせた
金足農業 吉田 輝星選手
大阪桐蔭 根尾 昇選手
大阪桐蔭 藤原 恭大選手
報徳学園 小園 海斗選手

など高校生からも今年は上位指名される選手が多そうですね。

大学生に目を向けても
東洋大 甲斐野 央選手
東洋大 上茶谷 大河選手
日体大 東妻 勇輔選手
日体大 松本 航選手
立命大 辰巳 涼介選手

など多くの上位指名・1位候補の選手が多くいます。

実は、上記に挙げさせていただいたチームも含め弊社のスポーツアルバムを利用していただいているお客様から毎年10名以上の選手が指名されプロの仲間入りを果たしています。(昨年は13名でした!)

お客様の中心は大学生ですので、SPOBOOKではなくSPOBUMという利用いただいております。こちらは、これから3月の卒業に向けてしっかりと卒部アルバムを仕上げて行きます。今年もSPOBUMから何人の戦士が誕生するのか楽しみです!

 

プロ入りを果たす選手は、弊社でスポーツアルバムを作っています。チームでの思い出や軌跡を大切に感じ、残してくれています。お客様にとって最高の卒部アルバムになるよう、スポーツアルバムには誰にも負けない想いを持って今後も精進してまいります!

 

今後とも卒部・卒団アルバムはSPOBOOKをご検討ください!

2018年10月21日

カテゴリー

過去の記事

●写真を選んで自分でデザインするのが不安
●忙しくてアルバムを作る時間がない
●せっかく撮影した写真が眠ったまま
●部活動の卒団記念に立派なものを残してあげたい
●卒団記念品に何をあげようか迷っている

卒団記念品を作りたいが上記のような悩みを抱える保護者様は、 ぜひSPOBOOKをご利用ください。 写真や素材をご準備いただければ、プロの制作スタッフがお客様に 代わり制作させて頂きます。

お試し印刷割引 ギャラリー公開割引