甲子園 夏の大会決勝戦、東海大相模×仙台育英

こんにちは!

 

高校球児のみなさん、監督やコーチ・関係者のみなさん、

各学校の生徒や先生のみなさん、、、お疲れ様でした!!

 

東海大相模×仙台育英の試合は

東海大相模が制しましたね。本当に、見事な試合でした。

 

 

▼2015甲子園決勝、東海大相模×仙台育英ハイライト動画

 

 

選手一人ひとりの気迫、監督のオモイ、応援してくれる方たちの気持ち

ファンの声援。

 

野球のプレーがもちろん素晴らしいのですが、

「たくさんの方々の人生の物語の上で展開されている」

という視点でみると、また違う感動があるものです。

 

野球のプレーの背景にある、それぞれの人間ドラマに触れると

プレーに宿る気迫、勝ったときの表情や負けた時の表情、

そういったものへの理解や共感が得られ、感じることも増しますね。

 

 

―東海大相模の門馬敬治監督に関する記事―

45年ぶりに取り戻した深紅の優勝旗。東海大相模の門馬敬治監督は胴上げされた後、

「焦らず、粘り強く戦ってくれた。ありがとうの一言です」と選手たちをたたえた。

恩師は昭和45年夏に東海大相模を初の日本一に導き、昨年5月に死去した原貢氏。

「今日はオヤジさんが一緒に戦ってくれた。やっと優勝旗を見せに行ける」。人目をはばからずに男泣きした。

詳細はコチラ

 

 

― 仙台育英、佐々木柊野君に関する記事 ―

「僕はこれで野球をやめます。母子家庭で私学に行かせてもらって母には苦労をかけました。

卒業したら消防士になります」

詳細はコチラ

 

 

一例ですが、

誰がどんなオモイで戦っているのか、ということを知ると

見ているこちらとしても共感し前向きになれる部分がありますし

そのための努力の姿勢や、全力を出し切る姿に勇気をもらえます。

 

ということで、優勝した東海大相模、惜しくも準優勝の仙台育英の

両校のみなさまと関係各位、本当におつかれさまでした!!

 

また、夏の大会に出場された各校、地方大会で夏を終えられたみなさまも

本当におつかれさまでした。

 

先輩が歩んでこられた歴史、

みなさまが歩んでこられた歴史、

これから後輩の方が歩む道―

 

連綿と続く歴史の中で、あなたが生きた瞬間は

誰かの記憶に永遠と残るはずです。

 

その記憶や歴史を確かな記録として残す一つの方法として

卒団記念にアルバムづくりを提案してゆきます

 

SPOBOOKも、みなさまと共に歴史を刻んでゆきます!

2015年08月21日

カテゴリー

過去の記事

●写真を選んで自分でデザインするのが不安
●忙しくてアルバムを作る時間がない
●せっかく撮影した写真が眠ったまま
●部活動の卒団記念に立派なものを残してあげたい
●卒団記念品に何をあげようか迷っている

卒団記念品を作りたいが上記のような悩みを抱える保護者様は、 ぜひSPOBOOKをご利用ください。 写真や素材をご準備いただければ、プロの制作スタッフがお客様に 代わり制作させて頂きます。

お試し印刷割引 ギャラリー公開割引