少年野球にプロ野球選手のサプライズ

こんにちは!

 

僕が子どものころ(小学校中学年〜高学年にかけて)、

Jリーグの試合がテレビで放映されるようになりました。

 

毎週、水曜日と土曜日はJリーグを観る日(ほとんどテレビで)となり、

放課後は近所の公園でサッカーばかりしていました。

Jリーグのチームがデザインされた靴を履いている友達が羨ましかったのを、

今でもよく覚えています。

 

 

そんなこんなで、サッカーが大好きだった僕はスーパーファミコンのソフトも

サッカーゲームがメインでした。

土曜日と日曜日は近所の少年サッカークラブで練習や試合に出かけていました。

 

そんなサッカー漬けの毎日に、奇跡の瞬間がありました。

— 鹿島アントラーズのジーコ選手のサッカー教室 —

 

当時 日本でもキッズ憧れの存在であったであろう

鹿島アントラーズのジーコ選手のサッカー講座なるものが開催され

幸運にもジーコ選手とパスのやりとりを出来たこと、

そのあまりにも感動的な出来事に舞い上がり

サッカー講座の帰りしなにドリブルしながら帰っている中、

「ジーコからアルシンド」と心の中でつぶやき蹴ったボールが

予想もしない方向からやってきた車のボディにあたり、

めちゃくちゃ怒られたことも鮮明に覚えています。

 

 

プロの試合をテレビで観ながらよく思っていました。

「このPK、今俺に代わってもらわれへんかなぁ。。。めっちゃ蹴りたい!本並健治から点取りたい!」

あるいは、こんなことを思った方もおられるのではないでしょうか。

「この場面、代打で俺が打ちたい」

 

 

少年サッカー、少年野球をしているキッズだったら、一度は考えたことがあると思います。

プロの試合に、ここぞという場面で登場したいと!

僕は頻繁に思っていました。

 

実際問題、プロの試合のそんな場面にキッズが出場するなどあり得ない話ですが、

その逆ならある。

 

ということで、昨年のものですがDeNAの筒香選手が代打で登場です!

子どもたちの喜びようは、僕のサッカー少年のころの純粋なジーコに

対する喜びを思い出させてくれました。

本当に嬉しいと思います。

 

 

何の前振りもなく、いきなり代打でプロ選手きたら涙ものですよね!

いつかスポブックの企画でこういうことができたらいいなと。

 

そんなことを考えています^^

2015年06月22日

カテゴリー

過去の記事

●写真を選んで自分でデザインするのが不安
●忙しくてアルバムを作る時間がない
●せっかく撮影した写真が眠ったまま
●部活動の卒団記念に立派なものを残してあげたい
●卒団記念品に何をあげようか迷っている

卒団記念品を作りたいが上記のような悩みを抱える保護者様は、 ぜひSPOBOOKをご利用ください。 写真や素材をご準備いただければ、プロの制作スタッフがお客様に 代わり制作させて頂きます。

お試し印刷割引 ギャラリー公開割引