少年野球、少年サッカーの人気って本当になくなったのか

おはようございます。

夕方くらいに帰宅途中
近所の公園では相変わらず子どもたちが元気に
遊んでいる姿を見ます。

本当に元気すぎます。

スポーツの人気はまだまだある。
そう思う今日この頃

その公園ではだいたい野球やサッカーをして遊んでいる子ども
たちの姿がいつ見てもあるのですが。

なので単純に人気低迷が嘘ではないのかと思ったりします。

スポーツの人気がなくなったというよりも、
子どもたちの”遊び”の選択肢が単純に多くなったのではと。

スマホも普通に持っていますし。
公園でゲームをするために集まっている子どもも実際にいます。

でも、やっぱり子どもの頃は外で元気よく声はって、走り回ったりして
友達と遊ぶのがいいと個人的な意見ですが思います。

そういえば、今朝のヤフーニュースで野球のルールが大きく変わるという見出しを!
思わずヤフーニュースの見出しをポチッとクリック!

何々..
「敬遠はボールを4球投げなくても、球審に敬遠の意思を示せば打者を歩かせられる」

というもので合理的なルール改定の内容でした。
何かストライクゾーンについてもう一つ改定ありましたが忘れてしまいました。ww

080602

敬遠球打ったりしてサヨナラになる珍事はもう確実に見れなくなりますが…

敬遠のとき、何で投げる必要があるのだろう?!?!
素朴に疑問を感じつつも流いた人は多いと思います。ww

で、その一人が私でもあります。

小さい頃、冒頭でも述べた少年たちのように庭球野球で遊んでいたのですが
人数が揃わないこともあり、「敬遠」するときがたまにありました、
その時はほぼ口答確定だった記憶があります!

いちいち4球投げていたら友達にキレられますね。

この敬遠口答ルール
来季には正式採用される予定のようです。

ルールが変わり時代の流れを感じます。

======================
少年野球、少年サッカーなど
たくさんのスポーツチームが作成してくれている
SPOBOOKサンプルページはコチラ
http://spobook.co.jp/design/
======================

2016年05月23日

カテゴリー

過去の記事

●写真を選んで自分でデザインするのが不安
●忙しくてアルバムを作る時間がない
●せっかく撮影した写真が眠ったまま
●部活動の卒団記念に立派なものを残してあげたい
●卒団記念品に何をあげようか迷っている

卒団記念品を作りたいが上記のような悩みを抱える保護者様は、 ぜひSPOBOOKをご利用ください。 写真や素材をご準備いただければ、プロの制作スタッフがお客様に 代わり制作させて頂きます。

お試し印刷割引 ギャラリー公開割引